★ ホラー映画、サスペンス映画、スプラッター映画、カルト映画、マニアック映画などの、備忘録的レビューサイトです。
  ★ 鑑賞済み約2,400本の作品をアップしています。レビュー未入稿の記事も、順次カキコミ中ですので…φ(>_<)o
  ★ レビュー内容は、あくまでもワタシ個人の感想になりますので、その点ご了承のうえご覧いただけるとウレシイでっす。
  ★ スマホモードで閲覧の方は、デスクトップ版PC表示の設定にしてご覧ください。

ホラー映画、サスペンス映画、マニアック映画などの予告編をランダムで表示します

13怪談 対想ノ弐ー拒ー [DVD]

新品価格
¥2,030から
(2014/12/20 21:02時点)

少女地獄一九九九 [DVD]

新品価格
¥7,580から
(2014/12/20 21:05時点)

徳川いれずみ師 責め地獄 [DVD]

新品価格
¥3,900から
(2014/12/20 21:07時点)

神様の愛い奴 [DVD]

新品価格
¥3,693から
(2014/12/20 21:08時点)

戦後猟奇犯罪史【DVD】

新品価格
¥4,280から
(2014/12/20 21:09時点)

パゾリーニ・コレクション ソドムの市 (オリジナル全長版) [DVD]

中古価格
¥8,192から
(2014/12/20 21:10時点)

魔界の大陸 [DVD]

中古価格
¥12,800から
(2014/12/20 21:11時点)

SM都市伝説 -悪魔祓いの噂- DKMV-018 [DVD]

新品価格
¥1,731から
(2014/12/20 21:11時点)

毒蟲 黒盤 [DVD]

中古価格
¥2,090から
(2014/12/20 21:13時点)

八仙飯店之人肉饅頭 [DVD]

新品価格
¥17,800から
(2014/12/20 21:16時点)

徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑【DVD】

新品価格
¥4,337から
(2014/12/20 21:18時点)

徳川女刑罰史 [DVD]

新品価格
¥4,400から
(2014/12/20 21:19時点)

死の王 [DVD]

中古価格
¥6,490から
(2014/12/20 21:19時点)

ミミ [DVD]

中古価格
¥6,780から
(2014/12/20 21:20時点)

闇のカーニバル [DVD]

新品価格
¥19,800から
(2014/12/20 21:20時点)

魔の獣人地帯マジアヌーダ [DVD]

中古価格
¥3,480から
(2014/12/20 21:21時点)

13怪談 対想ノ参ー還ー [DVD]

新品価格
¥2,030から
(2014/12/20 21:22時点)

大脳分裂 [DVD]

中古価格
¥3,398から
(2014/12/20 21:25時点)

ネクロマンティック BOX [DVD]

中古価格
¥25,650から
(2014/12/20 21:26時点)

異常性愛記録 ハレンチ [DVD]

新品価格
¥4,337から
(2014/12/20 21:27時点)

無残画~AVギャル殺人ビデオは存在した!~ [DVD]

新品価格
¥12,000から
(2014/12/20 21:28時点)

おんな牢秘図 [DVD]

新品価格
¥4,099から
(2014/12/20 21:29時点)

ヤコペッティ世界残酷シリーズDVD-BOX

新品価格
¥35,990から
(2014/12/20 21:54時点)

ガンダーラ [DVD]

中古価格
¥3,190から
(2014/12/20 21:29時点)

残酷猟奇地帯 [DVD]

中古価格
¥9,799から
(2014/12/20 21:30時点)

中川信夫傑作撰DVD-BOX (初回限定生産)

新品価格
¥58,800から
(2014/12/20 21:31時点)

日本・香港 AV猟奇殺人事件~ザ・オールナイト・ロング [VHS]

中古価格
¥7,419から
(2014/12/20 21:32時点)

悪魔の受胎 [DVD]

中古価格
¥4,979から
(2014/12/20 21:32時点)

カルネ [DVD]

新品価格
¥13,000から
(2014/12/20 21:33時点)

赤い報告書 鮮血の天使 [VHS]

中古価格
¥3,980から
(2014/12/20 21:33時点)

夢の中で犯して殺して [VHS]

中古価格
¥2,755から
(2014/12/20 21:37時点)

テハンノで売春していてバラバラ殺人にあった女子高生、まだテハンノにいる [DVD]

新品価格
¥3,210から
(2014/12/20 21:38時点)

虜 ふ・た・り [DVD]

新品価格
¥3,663から
(2014/12/20 21:38時点)

実録・事件 青梅姉妹バラバラ殺人 [レンタル落ち]

中古価格
¥2,174から
(2014/12/20 21:38時点)

女虐 [DVD]

新品価格
¥1,582から
(2014/12/20 21:40時点)

人体解剖マニュアル コンプリートBOX [DVD]

新品価格
¥16,180から
(2014/12/20 21:41時点)

ひかりごけ HDリマスター版

新品価格
¥4,937から
(2014/12/20 21:41時点)

人喰族 [DVD]

中古価格
¥3,449から
(2014/12/20 21:42時点)

徳川女刑罰史 [DVD]

新品価格
¥4,400から
(2014/12/20 21:53時点)

おそいひと [DVD]

新品価格
¥3,990から
(2014/12/20 21:43時点)

黒い太陽 恐怖の細菌部隊731スペシャル 殺人工場&死亡列車 2枚組セット [DVD]DTFS-001

新品価格
¥4,626から
(2014/12/20 21:43時点)

明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史 [DVD]

新品価格
¥4,338から
(2014/12/20 21:43時点)

MISHIMA-LIFE IN FOUR CHAPTERS

新品価格
¥12,290から
(2014/12/20 21:44時点)

愛のコリーダ ~IN THE REALM OF THE SENSES~ (Blu-ray) (PS3再生・日本語音声可) (北米版)

新品価格
¥3,482から
(2014/12/20 21:44時点)

実録 幼女丸焼き事件 [VHS]

中古価格
¥5,000から
(2014/12/20 21:46時点)

↑ マニアック映画販売(Amazon) ※ あまり積極的にはオススメしないっす

2016年09月20日

さくらrock的、各評価項目別お気に入り作品…グロ編

さて、評価の各項目別に作品を紹介する企画。
こういうのを定期的にやっておくと、自分自身を振り返ることができるので、何かとイイんですよね。

今回は『グロ』の評価項目で、★★★★★5つの作品のうち、いくつかの作品を抜粋してみました。

まあ…一言で『グロ』といっても、感じ方は人それぞれです。
評価にあたっての考え方は、あくまでもワタシ個人の感想なので、その点は充分にご理解のうえ、参考にしてくださいね。

ただ、このブログでのグロ度は、他の評価サイト樣の基準とは大きく異なります。
危険度が高い作品も含まれますので、本気で耐性のある方のみ対象ですよん。

くれぐれも、鑑賞は自己責任でお願いしますね〜〜〜(^▽^)o



  • ネイバー 美しき変態隣人 (2009年・アメリカ)

  • 女虐 NAKED BLOOD (1996年・日本)

  • 魔の獣人地帯 マジアヌーダ (1976年・イタリア)

  • ソドムの市 (1975年・イタリア)

  • 八仙飯店之人肉饅頭 (1993年・中国)

  • ハイテンション (2003年・フランス)

  • ネクロマンティック1・2 (1987年・ドイツ)

  • 死体解剖医 ヤーノシュ (1995年・ドイツ)

  • ブレインデッド (1992年・ニュージーランド)

  • 地獄の門 (1980年・イタリア)

  • タクシデルミア ある剥製師の遺言 (2006年・ハンガリー)

  • ミッドナイト・ミート・トレイン (2008年・アメリカ)

  • チャールズ・マンソン (2003年・アメリカ)

  • ORGAN/オルガン (1996年・日本)

  • 殺殺 あや〆 (1999年・日本)

  • 整形美人ができるまで (1995年・日本)

  • 赤い報告書 鮮血の天使 (1988年・日本)

  • 喰べたい。 (1994年・日本)

  • ギニーピッグ 血肉の華 (1985年・日本)

  • ザ・ギニーピッグ マンホールの中の人魚 (1988年・日本)

  • 徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑 (1976年・日本)

  • August Underground (2001年・アメリカ)

  • August Underground’s Mordum (2003年・アメリカ)

  • August Underground’s Penance (2007年・アメリカ)

  • Slaughtered Vomit Dolls (2006年・アメリカ)

  • ReGOREgitated Sacrifice (2008年・アメリカ)

  • Slow Torture Puke Chamber (2010年・アメリカ)

  • HARAKIRI 女腹切り作品集 (1990年・日本)

  • 理解できない悲惨な事件 (1990年・アメリカ)

  • 酷無畜生姦褻絶叫 (1997年・日本)

  • 百鬼夜行霊陰厭嫌 (1997年・日本)

  • 臓物斬片黒駁淫茎 (1997年・日本)

  • 肉塊汚残血流勃濡 (1997年・日本)



    どうでしょう?
    グロさのベクトルが、ぐっちゃぐちゃでしょう(笑)

    とかなんとか言っておきながら、サクッと見やすい作品も含まれてます。
    なかには、なかなか出会うこともナイ作品もありますが、まあ観る機会があればどうぞ。

    ちなみに、作品として面白いかどうかの保証はできかねます…。
    『ハズレ』もあるという前提で見ていただくと、気持ちラクに見ることができるかもしれませんね。

    興味あれば、参考にしてみてくださいませ〜〜〜(^o^)o

  • posted by さくらrock at 21:50 | Comment(0) | ひとりごと

    2016年09月19日

    mishima (1985年・アメリカ・日本)

    mishima.jpg

    製作年 : 1985年
    製作国 : アメリカ・日本
    監督 : ポール・シュレイダー
    出演 : 緒形拳 塩野谷正幸 三上博史 織本順吉 加藤治子 萬田久子 沢田研二 勝野洋 永島敏行
    脚本 : ポール・シュレイダー レナード・シュレイダー
    上映時間 : 121分
    色 : カラー(一部モノクロ)

    【ストーリー】
    作家三島由紀夫が自決を図った日(1970年11月25日)、その一日の彼の行動を追いながら、『金閣寺』『鏡子の家』『仮面の告白』『奔馬』の4小説を織り込み現実とフィクションを交錯させ三島の人生とその謎を描いている作品。

    【予告編(TRAILER)】


    【レビュー(ネタバレ有)
    三島由紀夫にまつわる、四つの物語。

    セミオムニバス形式の作品デスね。
    市ヶ谷駐屯地決起の日から始まるんですが、モノクロの回想を挟みながら物語は進んでいきます。

    それにしても、美術の素晴らしさ。
    やはり海外資本だと、ここまでしっかりしたセットが組めるんデスねえ。
    ホリゾントに金閣寺のみのセットも、舞台的な美しさで面白いアイデアだと思います。

    いや〜〜〜、それにしても放送禁止用語が連発。
    ここしばらく聞いたことの無い言葉が、たくさん出てきます(笑)

    さて、当然のごとく、思想や戦争がテーマになってきます。
    なので、解釈としてはなかなか難しい側面もありますが、戦争を含めて当時の日本がおかれていた状況を考えると、共感できるところもあったりします。

    ご存知の方も多いとは思いますが、三島由紀夫は志願兵に応募したものの、体調不良により合格することができなかったんですね。
    そして、そのエネルギーのベクトルが、文壇と思想に向けられていくようになっていく…。

    全編通して、舞台装置を使った、実験的な映像が多いっす。
    これは、もう企画段階から海外の方向けの、作品なんでしょうね。
    もちろん、この作品で日本文化を理解することは困難ですが、カラーやモノクロをを駆使した凝った映像は、とても興味深いモノがありますよね。

    クライマックスの決起シーンからラストまで、しっかりと見せてくれる、重みのある作品でした。

    【特選・趣深いシーン】
    緒形拳さんのラストカット。圧巻っす。


    脚本 : ★★★★
    恐怖 : ★
    グロ : ★
    狂気 : ★★
    不快 : ★★★
    ※5点満点。あくまでも、主観評価デス〜(^▽^)o
    posted by さくらrock at 18:05 | Comment(0) | ドラマ

    MONSTER モンスター (2014年・アメリカ)

    ascvafsc.jpg

    制作年: 2014年
    制作国: アメリカ
    監督: ニック・ゴメス
    出演: クリスティーナ・リッチ、クレア・デュヴァル、グレッグ・ヘンリー、スティーヴン・マクハティ
    原題: Lizzie Borden Took an Ax
    制作: マイケル・マホニー
    脚本: スティーヴン・T・ケイ
    収録時間: 87分
    DVDレンタルぽすれんより

    【ストーリー】
    1892年8月4日の白昼、資産家の名士・ボーデン家で連続殺人事件が発生。容疑者として名指しされたのは、末娘のリジー・ボーデンだった…。

    【予告編(TRAILER)】


    【レビュー(ネタバレ有)
    とある一家のオハナシ。
    厳格な父親に育てられた娘は、虚言癖のようになってしまい…。

    ある日、両親が殺された。
    その容疑は、第一発見者の娘に。
    その犯行から裁判に至るまでの物語。

    これは、なかなかおもしろかったですねえ。

    とっても単純なストーリー。
    しかし、よく寝られた脚本でしっかりとエンディングまで導いてくれます。

    結局、犯行は娘ということなんですが、世間的には迷宮入りとなっているんですね。
    まあ、殺し方からすれば、怨恨なのは一目瞭然。

    なかなかの作品ですた。

    【特選・趣深いシーン】
    ラストの告白のくだり。


    脚本 : ★★★
    恐怖 : ★★
    グロ : ★★
    狂気 : ★★★
    不快 : ★★
    ※5点満点。あくまでも、主観評価デス〜(^▽^)o
    posted by さくらrock at 17:59 | Comment(0) | ミステリー