★ ホラー映画、サスペンス映画、スプラッター映画、カルト映画、マニアック映画などの、備忘録的レビューサイトです。
  ★ 鑑賞済み約2,500本の作品をアップしています。レビュー未入稿の記事も、順次カキコミ中ですので…φ(>_<)o
  ★ レビュー内容は、あくまでもワタシ個人の感想になりますので、その点ご了承のうえご覧いただけるとウレシイでっす。
  ★ スマホモードで閲覧の方は、デスクトップ版PC表示の設定にしてご覧ください。

ホラー映画、サスペンス映画、マニアック映画などの予告編をランダムで表示します

13怪談 対想ノ弐ー拒ー [DVD]

新品価格
¥2,030から
(2014/12/20 21:02時点)

少女地獄一九九九 [DVD]

新品価格
¥7,580から
(2014/12/20 21:05時点)

徳川いれずみ師 責め地獄 [DVD]

新品価格
¥3,900から
(2014/12/20 21:07時点)

神様の愛い奴 [DVD]

新品価格
¥3,693から
(2014/12/20 21:08時点)

戦後猟奇犯罪史【DVD】

新品価格
¥4,280から
(2014/12/20 21:09時点)

パゾリーニ・コレクション ソドムの市 (オリジナル全長版) [DVD]

中古価格
¥8,192から
(2014/12/20 21:10時点)

魔界の大陸 [DVD]

中古価格
¥12,800から
(2014/12/20 21:11時点)

SM都市伝説 -悪魔祓いの噂- DKMV-018 [DVD]

新品価格
¥1,731から
(2014/12/20 21:11時点)

毒蟲 黒盤 [DVD]

中古価格
¥2,090から
(2014/12/20 21:13時点)

八仙飯店之人肉饅頭 [DVD]

新品価格
¥17,800から
(2014/12/20 21:16時点)

徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑【DVD】

新品価格
¥4,337から
(2014/12/20 21:18時点)

徳川女刑罰史 [DVD]

新品価格
¥4,400から
(2014/12/20 21:19時点)

死の王 [DVD]

中古価格
¥6,490から
(2014/12/20 21:19時点)

ミミ [DVD]

中古価格
¥6,780から
(2014/12/20 21:20時点)

闇のカーニバル [DVD]

新品価格
¥19,800から
(2014/12/20 21:20時点)

魔の獣人地帯マジアヌーダ [DVD]

中古価格
¥3,480から
(2014/12/20 21:21時点)

13怪談 対想ノ参ー還ー [DVD]

新品価格
¥2,030から
(2014/12/20 21:22時点)

大脳分裂 [DVD]

中古価格
¥3,398から
(2014/12/20 21:25時点)

ネクロマンティック BOX [DVD]

中古価格
¥25,650から
(2014/12/20 21:26時点)

異常性愛記録 ハレンチ [DVD]

新品価格
¥4,337から
(2014/12/20 21:27時点)

無残画~AVギャル殺人ビデオは存在した!~ [DVD]

新品価格
¥12,000から
(2014/12/20 21:28時点)

おんな牢秘図 [DVD]

新品価格
¥4,099から
(2014/12/20 21:29時点)

ヤコペッティ世界残酷シリーズDVD-BOX

新品価格
¥35,990から
(2014/12/20 21:54時点)

ガンダーラ [DVD]

中古価格
¥3,190から
(2014/12/20 21:29時点)

残酷猟奇地帯 [DVD]

中古価格
¥9,799から
(2014/12/20 21:30時点)

中川信夫傑作撰DVD-BOX (初回限定生産)

新品価格
¥58,800から
(2014/12/20 21:31時点)

日本・香港 AV猟奇殺人事件~ザ・オールナイト・ロング [VHS]

中古価格
¥7,419から
(2014/12/20 21:32時点)

悪魔の受胎 [DVD]

中古価格
¥4,979から
(2014/12/20 21:32時点)

カルネ [DVD]

新品価格
¥13,000から
(2014/12/20 21:33時点)

赤い報告書 鮮血の天使 [VHS]

中古価格
¥3,980から
(2014/12/20 21:33時点)

夢の中で犯して殺して [VHS]

中古価格
¥2,755から
(2014/12/20 21:37時点)

テハンノで売春していてバラバラ殺人にあった女子高生、まだテハンノにいる [DVD]

新品価格
¥3,210から
(2014/12/20 21:38時点)

虜 ふ・た・り [DVD]

新品価格
¥3,663から
(2014/12/20 21:38時点)

実録・事件 青梅姉妹バラバラ殺人 [レンタル落ち]

中古価格
¥2,174から
(2014/12/20 21:38時点)

女虐 [DVD]

新品価格
¥1,582から
(2014/12/20 21:40時点)

人体解剖マニュアル コンプリートBOX [DVD]

新品価格
¥16,180から
(2014/12/20 21:41時点)

ひかりごけ HDリマスター版

新品価格
¥4,937から
(2014/12/20 21:41時点)

人喰族 [DVD]

中古価格
¥3,449から
(2014/12/20 21:42時点)

徳川女刑罰史 [DVD]

新品価格
¥4,400から
(2014/12/20 21:53時点)

おそいひと [DVD]

新品価格
¥3,990から
(2014/12/20 21:43時点)

黒い太陽 恐怖の細菌部隊731スペシャル 殺人工場&死亡列車 2枚組セット [DVD]DTFS-001

新品価格
¥4,626から
(2014/12/20 21:43時点)

明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史 [DVD]

新品価格
¥4,338から
(2014/12/20 21:43時点)

MISHIMA-LIFE IN FOUR CHAPTERS

新品価格
¥12,290から
(2014/12/20 21:44時点)

愛のコリーダ ~IN THE REALM OF THE SENSES~ (Blu-ray) (PS3再生・日本語音声可) (北米版)

新品価格
¥3,482から
(2014/12/20 21:44時点)

実録 幼女丸焼き事件 [VHS]

中古価格
¥5,000から
(2014/12/20 21:46時点)

↑ マニアック映画販売(Amazon) ※ あまり積極的にはオススメしないっす

2016年07月19日

高校教師・テレビドラマ版 (1993年・日本)

svavsvsvsa.jpeg

制作年 : 1993年
全話数 : 11話
制作 : TBS
プロデューサー : 伊藤一尋
ディレクター・監督 : 鴨下信一、吉田健、森山享
脚本 : 野島伸司
主題歌 : ぼくたちの失敗
歌手 : 森田童子
出演:真田広之、桜井幸子、赤井英和、京本政樹、持田真樹、峰岸徹、中村栄美子、渡辺典子、金田明夫、山下容莉枝、森田洸輔、小坂一也、黒田アーサー、山崎満、小宮健吾 ほか

【ストーリー】
無垢な魂を持った一人の少女との無償の愛の数々に、教師・羽村は自らの人生を狂わせていく…。

【予告編(TRAILER)】


【レビュー(ネタバレ有)
【一話】
繭の羽村先生に対する純粋な愛情と戸惑い。
父親の狂気が垣間見える展開。
「助けて」のメッセージカード。
婚約者の恋人。などなど…。

凄まじくばら撒かれた伏線の数々。
この伏線だけを見ても、これは大人のドラマですね。
深いなあ…。

【二話】
学校の状況説明。
距離感を徐々に縮めてくる繭。
彼女が昭和50年生まれかあ…。

井の頭公園のロケーションがいいなあ。
アオリの画が多く使われていて、とても不安定な気持ちにさせてくれます。
あと、ナメとか寄りの画もね。カメラポジション、イイっす。

【三話】
同性愛について。
女子校にはありがちなテーマですね。
あれ?真田広之、演技上手いなあ。初めて感じた(笑)

そして、少しずつ回収されていく伏線。
でも、それも浅い部分でね。
野島伸司さんの脚本、巧みだなあ…。

【四話】
セリフがいいですねえ。
主人公の葛藤が上手く表現されていて。

「ああああああ」のところ、演出が冴え渡っています。
小道具の使い方もうまし。

誰を信じていいのか…。
それを直接的ではなく説明してくれるのが、演出の上手い所。

【五話】
回想の入り方が絶妙。
感情も画も。
真田広之、良く噛むなあ…(笑)
いいときと悪い時の差が激しいわ。

それにしても、挿入歌が抜群。
まあ、もう有名ですよね。

【六話】
こうやって振り返ってみると、物語の伏線はそのほとんどが、第一話に集約されているのが分かりますね。

この話くらいから、感情移入の方向性を操作するようになります。
それまでは主人公側からのベクトルだったのですが。

大人になってはじめて分かるセリフの深み。
飲み屋での小道具など、使い方がうまし。

【七話】
ショッキングな自殺。
これは、なかなかにショッキングですねえ。

この作品中、死を意識するようになります。

【八話】
大阪弁が恥ずかしい…。

さて、これくらい話を重ねてくると、ムダなシーンも増えてきます。
しょうがないですね。連続ドラマですので。

教育実習生の存在やカンニングのくだりはいらんかった…。

【九話】
サスペンス演出が絶妙。
ビデオテープのくだりなんか、ドキドキハラハラさせてくれます。

おっと、流血シーンが出てきた。
なかなかにショッキングな演出でイイですねえ。
プチッていう効果音もよろし。

【十話】
父親のガラスのくだりは、イタイ。いい。

成田空港のシーンがモノクロなのはいいっすね。
このあたりから、ドラマとして集大成に入り、泣かせる演出になってきます。

ただ、残念ながら泣けないんですよねえ。
涙するには深く、もっとドロドロしているのが事実。

いや、それとも泣かせようとしていないのか…。

【十一話】
このドラマは、短く喜ばせて、長く苦しませる。
見ていて、とても苦しくなる。
もちろん、それが狙いの脚本。

もどかしさの連鎖。

田舎に逃げる2人と卒業式とのカットバックはいいですねえ。

やっぱり、セリフすげえわ。

人生の坂道をイッキに転げ落ちるかのような展開。
脚本、すばら。

【特選・趣深いシーン】
ラストカットに尽きるんじゃないですか。


脚本 : ★★★★★
恐怖 : ★
グロ : ★
狂気 : ★★★★
不快 : ★★★
※5点満点。あくまでも、主観評価デス〜(^▽^)o

posted by さくらrock at 21:46 | ドラマ