★ ホラー映画、サスペンス映画、スプラッター映画、カルト映画、マニアック映画などの、備忘録的レビューサイトです。
  ★ 鑑賞済み約2,500本の作品をアップしています。レビュー未入稿の記事も、順次カキコミ中ですので…φ(>_<)o
  ★ レビュー内容は、あくまでもワタシ個人の感想になりますので、その点ご了承のうえご覧いただけるとウレシイでっす。
  ★ スマホモードで閲覧の方は、デスクトップ版PC表示の設定にしてご覧ください。

ホラー映画、サスペンス映画、マニアック映画などの予告編をランダムで表示します

13怪談 対想ノ弐ー拒ー [DVD]

新品価格
¥2,030から
(2014/12/20 21:02時点)

少女地獄一九九九 [DVD]

新品価格
¥7,580から
(2014/12/20 21:05時点)

徳川いれずみ師 責め地獄 [DVD]

新品価格
¥3,900から
(2014/12/20 21:07時点)

神様の愛い奴 [DVD]

新品価格
¥3,693から
(2014/12/20 21:08時点)

戦後猟奇犯罪史【DVD】

新品価格
¥4,280から
(2014/12/20 21:09時点)

パゾリーニ・コレクション ソドムの市 (オリジナル全長版) [DVD]

中古価格
¥8,192から
(2014/12/20 21:10時点)

魔界の大陸 [DVD]

中古価格
¥12,800から
(2014/12/20 21:11時点)

SM都市伝説 -悪魔祓いの噂- DKMV-018 [DVD]

新品価格
¥1,731から
(2014/12/20 21:11時点)

毒蟲 黒盤 [DVD]

中古価格
¥2,090から
(2014/12/20 21:13時点)

八仙飯店之人肉饅頭 [DVD]

新品価格
¥17,800から
(2014/12/20 21:16時点)

徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑【DVD】

新品価格
¥4,337から
(2014/12/20 21:18時点)

徳川女刑罰史 [DVD]

新品価格
¥4,400から
(2014/12/20 21:19時点)

死の王 [DVD]

中古価格
¥6,490から
(2014/12/20 21:19時点)

ミミ [DVD]

中古価格
¥6,780から
(2014/12/20 21:20時点)

闇のカーニバル [DVD]

新品価格
¥19,800から
(2014/12/20 21:20時点)

魔の獣人地帯マジアヌーダ [DVD]

中古価格
¥3,480から
(2014/12/20 21:21時点)

13怪談 対想ノ参ー還ー [DVD]

新品価格
¥2,030から
(2014/12/20 21:22時点)

大脳分裂 [DVD]

中古価格
¥3,398から
(2014/12/20 21:25時点)

ネクロマンティック BOX [DVD]

中古価格
¥25,650から
(2014/12/20 21:26時点)

異常性愛記録 ハレンチ [DVD]

新品価格
¥4,337から
(2014/12/20 21:27時点)

無残画~AVギャル殺人ビデオは存在した!~ [DVD]

新品価格
¥12,000から
(2014/12/20 21:28時点)

おんな牢秘図 [DVD]

新品価格
¥4,099から
(2014/12/20 21:29時点)

ヤコペッティ世界残酷シリーズDVD-BOX

新品価格
¥35,990から
(2014/12/20 21:54時点)

ガンダーラ [DVD]

中古価格
¥3,190から
(2014/12/20 21:29時点)

残酷猟奇地帯 [DVD]

中古価格
¥9,799から
(2014/12/20 21:30時点)

中川信夫傑作撰DVD-BOX (初回限定生産)

新品価格
¥58,800から
(2014/12/20 21:31時点)

日本・香港 AV猟奇殺人事件~ザ・オールナイト・ロング [VHS]

中古価格
¥7,419から
(2014/12/20 21:32時点)

悪魔の受胎 [DVD]

中古価格
¥4,979から
(2014/12/20 21:32時点)

カルネ [DVD]

新品価格
¥13,000から
(2014/12/20 21:33時点)

赤い報告書 鮮血の天使 [VHS]

中古価格
¥3,980から
(2014/12/20 21:33時点)

夢の中で犯して殺して [VHS]

中古価格
¥2,755から
(2014/12/20 21:37時点)

テハンノで売春していてバラバラ殺人にあった女子高生、まだテハンノにいる [DVD]

新品価格
¥3,210から
(2014/12/20 21:38時点)

虜 ふ・た・り [DVD]

新品価格
¥3,663から
(2014/12/20 21:38時点)

実録・事件 青梅姉妹バラバラ殺人 [レンタル落ち]

中古価格
¥2,174から
(2014/12/20 21:38時点)

女虐 [DVD]

新品価格
¥1,582から
(2014/12/20 21:40時点)

人体解剖マニュアル コンプリートBOX [DVD]

新品価格
¥16,180から
(2014/12/20 21:41時点)

ひかりごけ HDリマスター版

新品価格
¥4,937から
(2014/12/20 21:41時点)

人喰族 [DVD]

中古価格
¥3,449から
(2014/12/20 21:42時点)

徳川女刑罰史 [DVD]

新品価格
¥4,400から
(2014/12/20 21:53時点)

おそいひと [DVD]

新品価格
¥3,990から
(2014/12/20 21:43時点)

黒い太陽 恐怖の細菌部隊731スペシャル 殺人工場&死亡列車 2枚組セット [DVD]DTFS-001

新品価格
¥4,626から
(2014/12/20 21:43時点)

明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史 [DVD]

新品価格
¥4,338から
(2014/12/20 21:43時点)

MISHIMA-LIFE IN FOUR CHAPTERS

新品価格
¥12,290から
(2014/12/20 21:44時点)

愛のコリーダ ~IN THE REALM OF THE SENSES~ (Blu-ray) (PS3再生・日本語音声可) (北米版)

新品価格
¥3,482から
(2014/12/20 21:44時点)

実録 幼女丸焼き事件 [VHS]

中古価格
¥5,000から
(2014/12/20 21:46時点)

↑ マニアック映画販売(Amazon) ※ あまり積極的にはオススメしないっす

2016年10月29日

イット・フォローズ (2014年・アメリカ)

イット・フォローズ.jpg

制作年: 2014年
制作国: アメリカ
監督: デヴィッド・ロバート・ミッチェル
出演: マイカ・モンロー、キーア・ギルクリスト、ダニエル・ゾヴァット、ジェイク・ウィアリー
原題: It Follows
脚本: デヴィッド・ロバート・ミッチェル
音楽: ディザスターピース
収録時間: 100分
DVDレンタルぽすれんより

【ストーリー】
ジェイは好意を寄せるヒューから“それ”をうつされ、その日以降、ほかの人には見えないはずのモノが見え始める。捕まると確実に死が待ち受ける“それ”は、時と場所を選ばずに姿を変えて襲って来て…。

【予告編(TRAILER)】


【レビュー(ネタバレ有)
ワタシはですねえ…ホラー映画を見るにあたっては、いつも「これまでにないサイコーに怖い作品」に出会いたい、って思ってるんです。
ワタシを怖がらせてくれ!!!って。

設定は斬新でもそうでなくってもいい。
ストーリーは単純でもオッケー。
映像はキレイに越したことはないですが、汚いほうがかえってイイときも。
音楽は気にしません。
残念な演技も他でカバーできればいいと考えます。

…なので、純粋に怖い作品に出会いたいのです。

そして、この作品の感想…。



これは、こええええええええええ…。



です。
いや〜、久しぶりに背筋がゾッとする恐怖を、味わうことができました。

新しい設定で、単純な恐怖演出ながらも、計算された演出でとても安心して入り込むことができます。
ただ単に、歩いて迫ってくるだけですよ。日中でも。
そんな単純なことが、恐怖につながるんですから。

おおおおお…追ってきている。みたいな。

これは、恐怖を与えるベクトルを、完全に観客に振り切っています。
登場人物が気づかなくとも、観客が事前に知っている恐怖。

まあ、言ってみればサスペンスなんですが、それを恐怖まで昇華させたのは、演出の手腕。
丁寧なカメラワークと、音声の勝利ですね。

ビックリ系の演出もすごい。心臓止まるかと思ったわ。
基本である緩急をつけるだけでなく、観客に予想をさせない演出。上手いわあ…。

あとねえ、映像が素晴らしい。
360度計算された画が、観客をとても引きつけてくれます。

あえて一周映しているカットもありますが、そうでなくとも手に取るように分かる。
これも、演出の手腕ですね。上手い!!!

途中、目には見えないけれど物質としては存在していたり、一見すると設定が破綻したかのように感じる点がありますが、単にそれまで描かれなかっただけ。
新たな要素が、オモテに出てきたってことなんですね。

ただ、残念なのは、クライマックスのプールシーン。

できれば、「それ」には歩くもしくは泳ぐのみに、して欲しかった…。
あと、拳銃で撃たれるのも、伏線を無視した形になっちゃいましたもんね。

まあでも、それくらい。
全体的に恐怖演出は成功していますし、後味の悪さもオッケー。

これは、いい作品に出会えました。
いや〜、ヨカッタ、ヨカッタ。

【特選・趣深いシーン】
自分の部屋に入ってきた、デケエやつ。こえええええって。


脚本 : ★★★★
恐怖 : ★★★★★
グロ : ★
狂気 : ★★★
不快 : ★★★★
※5点満点。あくまでも、主観評価デス〜(^▽^)o
posted by さくらrock at 13:48 | Comment(0) | オカルト / 怨霊

2016年10月21日

コープスパーティー (2015年・日本)

コープスパーティー.jpg

制作年: 2015年
制作国: 日本
監督: 山田雅史
出演: 生駒里奈(乃木坂46)、池岡亮介、前田希美、金山一彦
脚本: 赤松義正
収録時間: 94分
DVDレンタルぽすれんより

【ストーリー】
高校生の直美は、幼馴染みの哲志やクラスメートたちと文化祭の後片付けをしていた。すると、会談好きの委員長・あゆみがあるおまじないを提案し…。

【予告編(TRAILER)】


【レビュー(ネタバレ有)
よく頑張りましたね〜。エライ!!!

キャストではありません。
スタッフです。

幸せ(死逢わせ)のさちこさんっていう降霊のお遊びをやったために、タイムスリップ(?)して天神小学校というところに迷い込んだらしい。

展開は、学校という密室状態の舞台で、登場人物の心情の変化を描いています。
脚本的には、なかなか良くできています。
これだけの登場人物を短い時間で、上手く設定をまとめ上げていますね。

肝心の恐怖演出ですが、なんとか怖がらせようと頑張ってイマス。
恐怖のベクトルがしっかりできていて、そんな姿勢は評価できますね。
これ、ホラー初心者の方は、充分にコワイんじゃないでしょうか。

また、意外とグロさもあって、これも初心者ならば充分にキモチワルイと思います。
苦手な方は、ちょっと難しいかな…。

残念なのは、演技がほんの少し。いや〜、仕方ないでしょ。
演技云々っていう方も多くいらっしゃると思いますが、ソレ以外にも見るべき所はあります。
確かに演技は拙いです。ただ、このテの作品で、演技力を求めるのも酷な話です。特に日本の作品ではね。

クライマックスからラストにかけても、ぎっちりと要素を盛り込んで、上手くまとめました。
ちゃんと元の紙を使わなかった彼は、戻ってくることができなかったんですね…。

これ、2回目だともっと理解できる要素が、増えると思います。(ワタシは見ないけど・笑)
なかなかどうして。意外と奥深かったですよ。

エンドロールのあとまで、しっかり見ましょう。
続編への布石ですかね。

【特選・趣深いシーン】
「ワタシの内臓、見ないで」って、壁一面の内臓から電話で言われた…。


脚本 : ★★★★
恐怖 : ★★★
グロ : ★★★
狂気 : ★★
不快 : ★★★★
※5点満点。あくまでも、主観評価デス〜(^▽^)o
posted by さくらrock at 21:34 | Comment(0) | オカルト / 怨霊

2016年10月20日

心霊食堂 (2015年・日本)

心霊食堂.jpg

制作年: 2015年
制作国: 日本
監督: 夏目大一朗、福谷孝宏
出演: 浜田由梨、白河優菜、島村舞花、三輪ひとみ
脚本: 宮城陽亮、夏目大一朗、福谷孝宏
収録時間: 70分
DVDレンタルぽすれんより

【ストーリー】
かつて山奥のレストランで働いていた3人の男たちは、未解決監禁殺人の共犯者だった。ある日、3人は店の跡地に新しいレストランができたと聞き…。

【予告編(TRAILER)】


【レビュー(ネタバレ有)
ワタシ、このテのオムニバスは見ません。断言。
しかしながら、三輪ひとみ嬢がストーリーテラー。

そのためだけに、この作品を見ました。
なので、話の合間が見どころ(笑)
まあ、いっか。

イタリアンレストランの話は、さほど山場もなく。
淡々と予定調和が進められていくのみ。
別段、ショックも恐怖もありませんですた。

離婚問題のはずみで、妻を殺しちゃった精神科医の話。
これは、セリフが面白い。
ただ、設定と展開がムリくり過ぎ。やんちゃ過ぎる。

DVの話。
鯖缶で殺人を繰り返す女。公園に死体捨てても消えちゃうもんね。
オチも何てことはない、お母さんの参加。

全体的に設定があっさい。
時間をかけて丁寧に描かないと、感情移入できません。
だから、オムニバスは好きじゃないんですよねえ…。

【特選・趣深いシーン】
精神科医は催眠術師。


脚本 : ★
恐怖 : ★
グロ : ★
狂気 : ★★
不快 : ★★
※5点満点。あくまでも、主観評価デス〜(^▽^)o
posted by さくらrock at 21:11 | Comment(0) | オカルト / 怨霊